H2Oスチームユニオン 洗車

H2Oスチームユニオンで洗車できるの?

H2Oスチームユニオン 洗車

 

スチームクリーナーが欲しいと思った方の中には「これで洗車がしたい!」と思っている方もいるかもしれません。

 

ところで、H2Oスチームユニオンは洗車にも使うことができるのでしょうか。

 

調べてみたところ、公式サイトでは車を綺麗にすることができるということに関しては特に言及されていませんでした。

 

ただ、スチームクリーナーを使って洗車をすることは可能です。

 

ガソリンスタンドや車の修理工場などで見かけるようなスチーマーを使うことで車のボディの汚れを落とすことはできるので、H2Oスチームユニオンでも同じようなことが言えますね。

 

けれども、あまりおすすめはしません。

 

というのもH2Oスチームユニオンで洗車をするのは効率が悪いから。

 

ご存知の通り、ハンディタイプの小型のスチームクリーナーなので、大きな車を綺麗にするのはかなり大変ですよ。

 

あの大きなボディを綺麗にするためには大量の水が必要になりますが、H2Oスチームユニオンに入る水の量は最大でも445mlですから何度も水を補充する必要が出てきます。

 

この量は自宅で使う分には問題ないですが、車に使うとなると効率は良くないですよね。

 

車のボディが汚れる主な原因は水垢ですから、スチームクリーナーは活躍してくれますが、業者が使うような大きなサイズのものでないとあまりおすすめはしません。

フロントガラスやサイドミラーには使えるけれど…

車のボディを洗車するH2Oスチームユニオンのようなハンディタイプのスチーマーはおすすめできませんが、範囲が狭ければ使えないことはありません。

 

例えば、フロントガラスやバックガラス、サイドミラーなどの範囲であればH2Oスチームユニオンでもキレイにすることは可能ですよ。

 

けれども、ガラスにスチームクリーナーを使用するときにはいくつか注意点がありますから、その点はしっかりと確認しておきましょう。

 

ガラスにスチーマーを使うときは破損してしまう可能性もあるので、十分注意しなければなりません。

 

冷えたガラスにスチームを当てるのは破損の原因となりますから、冬にスチーマーを使うのはやめた方がいいでしょう。

 

また、ガラスに使用されている素材によって熱膨張率が異なるので、冬でなくても熱割れには注意しなければならないのですね。

 

ガラスには使用できないことはありませんが、破損してしまうリスクや事故が起きる危険性を考えるのなら、あまりおすすめはしません。

 

洗車をしたいのならスチームクリーナーを使うよりはオートバックスなどで手に入る市販の洗車アイテムを使ったり、ガソリンスタンドなどに行ってプロに綺麗にしてもらった方が安全ですし、ピカピカな仕上がりにはなりますよ。

 

可能であれば車に乗ったら週末か月末にでも軽く水洗いして綺麗にしておくといい状態が長持ちしますので、気にかけてみてください。