H2Oスチームユニオン 使い方

H2Oスチームユニオンの使い方はアタッチメント次第!

H2Oスチームユニオンはお家をまるごとスッキリとキレイにすることができるスチームクリーナーとなっていますが、その理由の一つに豊富なアタッチメントによる使い方が30種類以上もあるからということが言えます。

 

アタッチメントの使い方次第で普段のお掃除から大掃除までいろんな場所で活躍してくれるのですね。

 

どのアタッチメントがどんな掃除に向いているのかを簡単にまとめておきたいと思います。

 

H2Oスチームユニオンのアタッチメントと使い方の例

ジェットノズル…コンロや排水溝、サッシなどの細かい場所のお掃除に。
ジェットノズル+ナイロンブラシ…こびりついた油汚れやシンク周りの汚れに。
アングルノズル…トイレのふち周りや手の届きにくいところのお掃除に。
延長ホース…高いところの掃除や細かい部分のお掃除をする際に。
ワイパーツール+ワイパーパッド…一度に広い歯にやテーブル、シンク、床などのスポット汚れに。
ワイパーツール+衣類生地用パッド…洋服のシワ伸ばし、カーテンやマットレスなどなかなか洗えないものの消臭に。

 

以上のようにアタッチメントの組み合わせ次第でいろんな使い方ができるのがH2Oスチームユニオンの特長となっています。

 

使い方はいろいろですし、ほかにも「延長パイプ+モップヘッド+マイクロファイバーパッド」を組み合わせれば、キッチン床の油汚れやフローリング、絨毯や畳などのお掃除をすることができますよ。

 

アタッチメントの組み合わせ次第でいろんな使い方ができるので、自宅の中でなかなか掃除しにくい場所や普段掃除をサボってしまうところに取り組むことができますね。

 

 

H2Oスチームユニオン 使い方

 

ちなみに、私が普段良く使うものとしてはジェットノズル+ナイロンブラシとアングルノズルです。

 

ジェットノズルは基本装備というところがあるので、そのまま使うこともあるのですが、ナイロンブラシを使うことで油汚れが簡単に落とせるので重宝していますよ。

 

あと、アングルノズルは意外と嬉しいアタッチメントで、トイレのふちは市販されているお掃除アイテムではなかなかキレイにすることができないので、使いたいアタッチメントだと思います。

 

アタッチメントの取り付けは簡単に行えますからわずらわしさはありません。

 

使い方によっては掃除だけでなく、スチームアイロンとしても使用することができるので、単純なお掃除アイテムとしての役割で終わるわけでもありませんよ。

 

アイディア次第では自分にあった使い方も見つけられると思いますから、いろんな使い方を試してみてくださいね。